第5種無災害記録を達成しました

6月16日、当社社員の無災害労働時間が510万時間を達成したことに対し、沖縄労働基準監督署に於いて当社へ厚生労働省労働基準局長名の「無災害記録証」が授与されました。
この無災害労働時間510万時間は、1978年の当社建設工事開始を起点として、本年2月8日に達成されたもので、その間39年間に勤務した当社社員の労働時間の合計となります。
当日は、秋山取締役沖縄事業所長、山根環境安全グループマネージャーが沖縄労働基準監督署を訪れ、松野沖縄労働基準監督署長より記録証が授与されました。
当社はこれまで、時間に応じた第1種から第4種までの記録証を授与されてきましたが、今回の“第5種”「無災害記録証」の授与は沖縄県内では初めてとなります。

左から沖縄労働基準監督署玉那覇安全衛生課長、当社秋山沖縄事業所長
当社山根環境安全グループマネージャー、沖縄労働基準監督署松野署長


第5種無災害記録証