「沖縄県石油コンビナート等総合防災訓練」を開催しました。

10月26日、当社を会場に平成30年度「沖縄県石油コンビナート等総合防災訓練」が開催されました。
この訓練は、県の石油コンビナート等防災計画に基づき毎年行われるもので、災害発生時における関係機関の連絡体制
の確認および迅速な応援活動の実施を目的とした総合的な実動訓練であり、当社では4年ぶりの開催となりました。
当日は当社の自衛消防隊・共同防災隊・公設消防隊・海上保安部・陸上自衛隊を含む36機関・262名が参加しました。
陸上部訓練では「消防車および大容量泡放射システムによる消火活動」「負傷者救出訓練」「土のう構築訓練」が実施され、
海上部訓練では「船艇およびヘリコプターによる流出油防除訓練」が実施されました。
また、当日は訓練参加機関以外に、地域自治会などへも見学を広く呼びかけ、訓練を見学した彩橋小中学校の児童からは、
消防車による一斉放水の場面での歓声も聞かれました。

<陸上部訓練>
 ①消防車駆けつけ、放水訓練 










 ②負傷者救出訓練 












 ③土のう構築訓練 













<海上部訓練>
 流出油防除訓練