<< 地域の行事
<< うるま市観光ガイド

おすすめスポット

イチハナリ(伊計島案内)
~ 美(ちゅ)ら海 美(ちゅ)ら島 肝美(ちむじゅ)らさ ~
地図
うるま市立伊計小中学校の全校児童生徒13人で作ったふるさと伊計島案内ガイドブック「イチハナリ」
詳細をクリックするとイチハナリや、伊計島のおすすめスポット等がご覧頂けます。
<< 詳細1
<< 詳細2
<< 詳細3
沖縄本島東海岸、小さな伊計島は美ら海をはじめ豊かな自然に恵まれて、太陽や潮風や星空など、昔とかわらないほんとうに 美しいふるさとです。この島の自然がいつまでも変わらないことを望まない島人はいません。 「肝美らさ」は、心が清く美しいこと。そんな心を育んでくれたふるさとは「宝」、みんなそう思っています。
きむたかの郷 勝連
うるま市勝連漁業協同組合のWEBサイトをご紹介します。
特産品であるもずくの話題も満載です。

<< 詳細を見る
浜比嘉シルミチュー
地図
アマミキヨとシネリキヨの居住跡といわれるのがシルミチュー霊場です。比嘉集落の南端にあります。 シルミチューの語源はシディーン(生まれる)とチュ(人)らしく、神がこの洞窟で子孫をもうけたことからシルミチューと呼ばれるようになったと言います。 洞窟内には女性を象徴した鍾乳石があり、子宝の願かけを行う拝所としても知られています。
勝連城跡
地図
13世紀-14世紀に茂知附按司により築城されたという。この城の最後の城主が阿麻和利である。 阿麻和利はクーデターを起こしてこの地方の按司となり、琉球の統一を目論んだが1458年に琉球王府によって滅ぼされた。
城内からは中国、元代の陶磁器(染付)が出土しており、『おもろさうし』からも当時の繁栄をみることができる。 2000年11月首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されている。